2007年11月24日 (土)

ランチバイキング

今日は友人とランチバイキングですよ。
近辺で有名な、ちょっと高級素材にこだわった名店のバイキング。

おさるが父猿とお出かけしている(温水プールに行ったそうな)
その隙に、友人と豪華ランチバイキングって訳ですよ。

モトは取ったね。
後にそのお店が販売している和菓子の販売価格をチェックしたら、
それだけでもう、1000円分くらい食べてたって、事実が判明ですもの。
・・・間違いない。大食いバンザイ。

夕飯も結局かねちゃったので、考え方によっては二食分。
こりゃお得だわ♪

でもね、そんな中でも、考えるのはおさるの事。
なんたって愛猿ですものっ!
私がランチを楽しんでいる間、何を食べているんだろう?
何をしているんだろう?

そして思うんです。
連れて来なくて良かった♪
って!

今回のテーマは”京料理”。
筑前煮やらキンピラやら、和菓子やら・・・。
手間隙かかっているけど、
おさるの味覚では、満足しないのは間違いなし!
焼肉・から揚げ・フライドポテトにハンバーグ、ソフトクリームetc・・・。
おさるが望むメニューは、もっと手軽に食べれるのさ♪

こういうお店は、価値が分かるようになってからで、十分!
それまで私は友人と飛び回るつもり♪
(価値が分かるようになったら、勝手に行って頂戴)

おなかも心も満足・満足♪の一日でした。

2007年3月26日 (月)

職業

と、ある書類を書くことになりました。

個人情報ウンヌンを言われる時代ですが、今回は
家族分の名前・生年月日・続柄・職業も必要です。

これらを必要とする書類を記入する時、旦那はよく

「一号って、西暦何年生まれだっけ?」

「二号は平成11年だよね?」

と、私に確認をします。
(本人に確認しないのは、彼らも分からないから)

駄目ね。

もう、駄目駄目。

親の自覚、無いんじゃないの?
世の中にたった二人の息子ですよ?
サルみたいだけど、愛しの息子ですよ?
なんで忘れるかねぇ?

終いにはボケたのか?とまで思ってしまいますよ。
(うん、完全否定出来ないのが悲しいね)

でも、意外と覚えていない父親も多いんだそうですよ?

その点ね、母親は違います。
書類を書く機会が多いからか、西暦でも平成ででも、
記入時に躊躇いや迷いはありません。

でも、今回、ちょっと悩みました。

”職業”の欄、なんて書こう・・・?

学生?無職?小学生?

頭の中でチョット考え、今回は「無職」を選ぶ事に・・・
(提出書類によって書き分けます←私の中で明確な基準は無い)

書類を書き上げ、ハ~ヤレヤレと思っていると、
傍で暇そうに見ていた一号が

「もう少し、希望のある言葉を書いたら?」

と言って席を立ちます、

何の話か分からず、書類に目を落とすと、

なぜか二号の職業欄に”無理”と言う言葉が・・・(汗)
一段上の一号の欄には、ちゃんと無職って書いてあるのに!
どうした、私!?

無意識って恐いねぇ・・・?

その他のカテゴリー